相模原市子どものいじめに関する審議会に出席しました!

皆さん、こんばんは!

行政書士で相模原市子どものいじめに関する審議会委員の よこお ゆうです。

実は、令和2年8月5日付で、相模原市の子どものいじめに関する審議会の公募委員に

任命され、同じ日に審議会に出席しました。


この審議会は、子どものいじめ問題に関して、審議して、その結果(意見)を相模原市

に伝えることが役割です。


私が公募委員に応募したきっかけは、相模原市のホームページで公募委員募集の

案内があり、今までの公募委員のメンバーを見たところ、教育関係者(学校の校長、

教頭、大学教授、青年団体の代表者など)が多く、教育関係者以外(私のような法律家

など)のメンバーいないと、偏った意見をもとに審議がされるのではないか、という

考えがあったことです。


確かに、教育関係者の意見は重要ですが、その他の分野の専門家や一般市民など、

様々な職業の方を委員として招くことで、多様な意見を吸収することができます。


私は、審議会で「子どものいじめ問題は、子どもや学校との関係があまりない方に、

積極的に情報提供を行うことで、一人でも多くの方にいじめの問題に関心を持って

頂き、ご協力を頂くことが、いじめ問題を解決させる大きな力になる」という発言を

しました。


この発言に対しては、「現実的に単身世帯など子どもがいない世帯に、子どもの

いじめに関しての情報提供を積極的に行うことは、難しいのではないか?」という

意見も出ましたが、賛成してくださる委員の皆様も多くいらっしゃったため、

私の意見は議事録に記載され、相模原市に審議会の意見として伝達されることに

なりました。


私は決して、いじめ問題の専門家と言うわけではありませんが、私の意見が子ども

のいじめ問題の解決に役立つのであれば、非常にうれしいことです。


また、公募委員になって意見を言うと、場合によっては自分の意見が

自治体に伝わり、その意見を基に条例が作られたり、政策が実行される場合が

ありますので、やりがいがあると同時に社会貢献になると思います。


最後に、皆さんも、お住まいの自治体の審議会で、公募委員の募集があれば

応募してみてはいかがでしょうか?公募委員を募集しているかどうかは、

お住いの都道府県、市区町村のホームページや役所の掲示板などに、情報が

あります。


本日は、お読み頂き、ありがとうございます。

それでは、ごきげんよう!


~補助金・不動産会社様向けコンサルティング~

行政書士、相模原市子どものいじめに関する審議会委員 よこお ゆう



相模原市で一般・産業廃棄物業許可、建設業許可なら「よこおゆう行政書士事務所」

相模原市で一般・産業廃棄物業、建設業をされている方、またはこれからされる予定の方! 許可申請は、よこおゆう行政書士事務所にお任せください!!

0コメント

  • 1000 / 1000