サービス付き高齢者向け住宅補助金とは?

皆さん、こんばんは!

国際行政書士の よこお ゆう です。


最近、電車やバスが混んできましたね!!

商業施設もだいぶ活気が戻って来ました。

私も感染予防をしつつ、積極的な営業活動を

再開しようと思います!!


さて、今日はサービス付き高齢者向け住宅補助金の

お話です。

今日は経営者で、介護関係の事業をされている方、

または、今後介護関係の事業に進出したい方向けの

話ですので、対象者が絞られてしまいますが、

非常にお得な制度ですので、最後までお付き合い

ください。


サービス付き高齢者向け住宅とは、

バリアフリー化され、介護士などが常駐し、

相談・見回りや食事等の提供サービスが

ある住宅のことを言います。

介護施設とは違い、介護を受けなくて良い、

自立して生活のできる高齢者が入居の対象に

なっています(介護を受ける必要のある方を、

受け入れている住宅もあります)。


介護が必要になっても生活が続けられる

サービス付き高齢者向け住宅の場合、

入居当時は、自立して高齢者が生活を送り、

介護が必要になったら、今までと同じ場所、

人(介護職員など)から介護を受けられます。

介護を受ける必要が出たから、別の施設に

行ってください、になると、引っ越しが大変

ですし、新しい環境になってしまい、ストレス

を感じる方もいるので、ずっと同じ場所に

いられるというのは、良いと思います。


補助金の話に戻りますと、

サービス付き高齢者向け住宅補助金は、

サービス付き高齢者向け住宅を

新築した場合に最大で建設費の10分の1、

改修した場合に最大で建設費の3分の1を

補助する制度です。


改修の方が補助金の割合が大きい理由は、

国としては建物を新築するより既存の建物を

改修して有効活用して欲しい、という思惑が

あるためです。


この補助金を受けるための主な要件として、

1.サービス付き高齢者向け住宅として10年以上登録すること

  →つまり最低でも10年は、サービス付き高齢者向け住宅を

   運営しなければなりません。儲からないからといって、

   途中で、やーめた、とはいえません。

  ちなみに、サービス付き高齢者向け住宅として登録

  されるには、バリアフリー化がされ、一定の設備・構造

  であることなどの要件があります。


2.事業に要する資金の調達が確実であること

  →1番の要件とリンクします。補助金を受けてやる以上、

  すぐに潰れてしまうのでは困るので、ある程度、

  お金があることが要件になります。


3.入居者の家賃の額が、近傍同種の住宅の家賃の額と

   均衡を失しないように定められていること

   →相場より高すぎたり、低すぎる家賃は設定

  できません。


4.サービス付き高齢者向け住宅の入居者が、任意の

   事業者による介護サービスを利用できること

 →入居者に自社の介護サービスの利用を、強制する

  ことなどはできません。


補助金のみならず、融資、固定資産税や不動産取得税の

軽減措置も受けられます。


最後に、サービス付き高齢者向け住宅補助金は、

対象者が限定されますが、対象の場合は、かなりの

金額の補助を受けれますので、非常にお得な制度です。


今後も、補助金が必要な方の手に届くように、

情報発信をして行きます!!


本日は、お読み頂き、ありがとうございます。

それでは、ごきげんよう!


~補助金・融資・終活のプロフェッション~

国際行政書士 よこお ゆう



相模原市で一般・産業廃棄物業許可、建設業許可なら「よこおゆう行政書士事務所」

相模原市で一般・産業廃棄物業、建設業をされている方、またはこれからされる予定の方! 許可申請は、よこおゆう行政書士事務所にお任せください!!

0コメント

  • 1000 / 1000