産業廃棄物業許可

企業が出すゴミの中で、主に取り扱いに注意が必要な物は産業廃棄物に分類されますが、これを

収集・運搬・処理する場合、産業廃棄物業の許可が必要です。



・産業廃棄物業許可、ここがポイント!!

1.産業廃棄物の許可については、一般廃棄物の許可と異なり要件を満たしていれば基本的には許可が取れます!!

→これが最重要ポイントです!!ただし、要件は多々あるため簡単に取得できるという訳ではありません!!

2.積替保管ありは難易度がアップします!!

 →積替保管ありの場合、ゴミを収集してそのまま処分場へ持っていかず、いったん保管場所でゴミを保管

  することができます。これにより、ゴミの中から価値のある物を取り出して売却する、まとまった量に

  なってから処分場に運搬できることでコスト削減できるなどのメリットがあります。ただし、保管場所

  の設置は自治体によって難易度の高い場所もあり、厳しいのが現状です!!

3.研修を受講する必要があります!!

 →公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)の研修を、受講する必要があります。

  一般廃棄物の許可と異なり、研修を受講しなければ許可が取得できません!!


・よこおゆう行政書士事務所は、書類作成にとどまらず、自治体(役所)との交渉、事業に関するアドバイス

 など幅広いラインナップで御社を支援し、許可取得後も補助金・融資・経営コンサルティングを行い、

 御社の売上・利益拡大に貢献します!!


・料金

1.産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規、積替保管なし)・・・ 88,000円~

2.産業廃棄物収集運搬業許可申請(新規、積替保管あり)・・・108,000円~

3.産業廃棄物収集運搬業許可申請(更新、積替保管なし)・・・75,000円~

4.産業廃棄物収集運搬業許可申請(更新、積替保管あり)・・・個別見積もりになります。

5.産業廃棄物処分業許可申請(新規)・・・個別見積もりになります。

6.産業廃棄物処分業許可申請(更新)・・・個別見積もりになります。


※申請手数料の実費等、別途掛かる費用もございますが、事前にご説明いたします。

※ホームページに記載のない、一般廃棄物許可関係の料金はお問い合わせ下さい。